<   2004年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧
芹沢の存在・・第25回新選組誕生より
今朝も明け方雷が轟いて目が覚めました。
雷鳴を聞くと芹沢が最後に座って待っていたシーンが再び頭をよぎります。

酒をあおり不敵な笑みをたたえ、全てを悟り待ち構える芹沢。
総司も刺客の一員だとわかり、本望だと思ったのでしょうか。
「穢れていないものを見ると汚したくなる」
そう言って純真無垢な総司を大人の世界に引きずり込み、
ある意味一人前の剣客に芹沢なりに仕立て上げたのだから。

浪士組が京へ出立する日、近くの居酒屋で出会った芹沢と総司。
一瞬の立ち回りでその腕前に一目置かれた総司。
薄暗い部屋に爽やかな風が吹き抜けました。
以来、何かと総司を連れ出し、勇とは違う角度から人生の闇の部分を経験させてきました。

つづきを読む
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-30 12:39 | 「組!」感想
テニスより冬ソナ
今日も暑いのに行って来ましたテニススクール。
愛ちゃんベスト8入りは皆さん大注目の話題でしたね。
それからイヴァニセビッチの最後の試合について
コーチと熱く話したかったのですが、「負けちゃいましたね~」くらいなもので。
ちょっと肩透かし・・・。

ショボ~ン(><)と思いきや、すかさず
「冬のソナタ見てますか」
「はい。前回ハマって今2回目見ています」何で真面目に答えてるんだか。
え~っ思わずカミングアウトしちゃったよ(汗)
テニススクールで韓国ドラマにハマってることを・・。
ていうか何で私に冬ソナ見てますかって聞いたんだろ。
そんな話一切しなかったのに。いかにもハマりそうな人相なのかな、私。
それとも顔に書いてあったかな?ウォンビンさん大好き!って・・。(ねぇよっ!)
「コーチも見てるんですか?」
「いやっ僕はあんまり・・。」
「あぁ、奥さんがハマってるんですね」なるほどね~。
確かにコーチと私は同年代だから他のおばさんたちよりは
聞きやすいかもれないけどさ~。

「あのっ冬のソナタのソナタってどういう意味なんですか?」
「なんか音楽の用語みたいですよ」知ったかぶりする私。
「そうなんですか、ソナタって時代劇とかで使うあなたとかいう意味かと思ってました」
はぁ~?今なんて言った?
あははっこの人かなり天然だよ~!おもしろ~い!
「このドラマ、秋・冬・夏って続いてましてあとは春が残ってるんですよ~!
でねっ今、私、韓国語習ってるんですよ~・・それで~・・」
チャンス到来とばかり語り始めるアヤシイ私。

「五木寛之のシリーズで似たようなのがありましたね。四季なんとかって」
なんだかかみ合ってるのか無いのかわからないけど、まぁいいや。
意外なところで韓国ドラマ語りが出来て満足な一日。
来週もテニスコートに韓流を巻き起こそうとひそかに目論んでおります!!
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-29 23:46 | ツブヤキ
「新選組!」第25回 新選組誕生
新見の切腹を報告する副長s。
「いったいどういうつもりだ。俺がこういうことが一番嫌いなことくらいわかっているだろ。
仲間をわなにはめるのはいいのか。お前は切腹しなくていいのか。」
あんたがそうしろと言うならするぜ。俺は腹を斬る」確信犯でしょ?
腹のくくり方が一枚上な腹黒副長。

「俺はそこまでして京に残りたくない」
「かっちゃん!」二人のときはつい呼んじゃいますね。
「お前が局長になれ。俺は多摩に帰る」えっ?
「多摩へは帰さねぇ。みんなお前についてきたんだ。今更抜けるとは言わせねぇぞ。
新見は死んだ。次は芹沢だ。そしてその後はお前が浪士組を引っぱっていく」
「お前」は勇をしつけるときの呼び方でしたね~♪

副長s(+局長)が源さんと左之助に芹沢暗殺計画を説明。
意外とあっさり受け入れる源さん。

つづきを読む
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-28 01:33 | 「組!」感想
イヴァニセビッチ最後の試合
ウインブルドン3回戦
イヴァニセビッチ(クロアチア)VSヒューイット(オーストラリア)
2-6,3-6,4-6

3回戦ながら、2001年と2002年のチャンピオン対決という好カード。
今年で最後のウインブルドンになると宣言し、1万3千人のギャラリーに見守られ
センターコートでプレーできることを心から楽しんでいたイヴァニセビッチ。
時には観客と会話し笑いを誘い、アウトボールをヘディングで返し場を和ませる。
相手のナイスショットにも惜しげもなく拍手を送る。

長身でサウスポーのビッグサーバー。
強力なショットを持っているがキレやすいのが玉にキズだった。
3度決勝戦で破れ、ようやく10回目の挑戦で優勝カップをつかんだが
故障に泣かされた。
ラストチャレンジはスコア的にはあっさり負けたが、
彼は今まで見た中で一番幸せそうにテニスをしていた。

ほとんどの観客を敵に回しながら、終始冷静にプレーし続けた
ヒューイットも最後の握手は笑顔でそして敬意を払って
少し長めに何か伝えていた。

祖国のためにオリンピックでは誰よりも熱く戦った彼は
クロアチアのサッカー代表のユニフォームに着替えてコートを去っていった。

またひとりウインブルドンの歴史に名を残しました。
感動をありがとう・・・。
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-27 12:33 | tennis
韓国映画「ブラザーフッド」
「ブラザーフッド」みてきました。
今まで公開初日に映画を見に行くことはありませんでした。
去年ずっと撮影の苦労話などを聞いていたので始まる前から感無量状態。
日本のファンへドンゴンさんとウォンビンさんからメッセージが流れたところでもうジ~ン(TT)

靴磨きで一家を支える兄と学業優秀な弟。
街の雑踏の中、はじけるように笑うふたり。1本のアイスキャンディを分け合います。
これからの成り行きを思うとすでにツラくなっています。

1950年6月25日朝鮮戦争勃発。
貧しいながら平和に暮らしていた兄弟が悲しい運命に巻き込まれていきます。
強制徴用されてしまった兄弟。
何としてでも体の弱い弟を守り故郷へ帰そうと自分の命を顧みず最前線に出かける兄。
そんな兄の想いが理解できない弟。

「これが夢だったらいいのに・・・。」
勲章を受けるような活躍をすれば弟を除隊できる。
次第に戦争という極限状態で人が変わっていってしまう兄と溝が深まる弟。

余りにリアルで目をそむけてしまったシーンもありましたが
これが戦場なのだと思い知らされました。
戦争はゲームじゃない。敵味方誰もが尊い命を持ち、愛する家族が待っている。
「兄さん、一緒に帰ろう」
兄が拾ってくれたボールペン。次に会うときまで持っていてくれると約束したのに。

泣かずにはいられませんでした。
邦題が「ブラザーフッド」と決まったときはどうかなと思いましたが観終わってわかりました。
この映画が描きたいのは戦争を通した兄弟愛なのだと。
ウォンビンさんファンであるということを差し引いても感動作だと思います。
チャンドンゴンさんの弟を思うがための狂気に満ちた演技もすごいです。

ただ、戦闘シーンが長すぎるような気がしたのと、
何故北と南が対立しなければならないかということが
もう少し描かれていればわかりやすかったかもしれない。(勉強不足でスミマセン)

最後にハンカチとティッシュはお忘れなく・・・。

原題:「太極旗を翻して」カン・ジェギュ監督
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-26 22:26 | movie
メモリーオーバー
え~今週も気づけば金曜日。
やらねばならぬ。

まずは復習行ってみよう!
アルバイトはアルバ
ウィンドウショッピングはアイショッピン
ってそれまた韓国語ちが~う!

その夜放送分の冬ソナのセリフより
チョム ネガ オヌル イクンジョエ
アパト ハナ ポゴワンヌンデ・・オットニ?
そうだ今日この近所に
アパートをひとつ見てきたんだけど・・どう?

スミマセン、教わった場面は見たんですが
後は爆睡してしまいました;;

あの~Aソンセンニム、
そろそろ私のメモリー許容量オーバーしそうです!
少しペースダウンをお願いします・・・。
じゃないと体が拒否反応を。
危険信号点滅中!!

本日の作文:
チナンチュ チャンドンゴンシワ ウォンビンシガ
先週 チャン・ドンゴンさんとウォンビンさんが 

イルボネ ヨンファ ソンジョンハロ ワッソヨ
日本へ 映画の宣伝をしに 来ました。 

ウォンビンシヌン チョンマルロ モッシッソヨ
ウォンビンさんは 本当に 格好よかったです。 

オヌルン 「ブラザーフッド」チョングク ドンジ ケボン チョンナル イエヨ
今日は 「ブラザーフッド」の全国一斉公開 初日です。 

チョド イフエ ポゴカルケヨ
私も この後 見に行きます! 
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-25 22:42 | korean
山南さんin「スタパ」
あれっ私はいつからこの方のファンになってしまったのだろう?
アヤシイ笑みと高い声・・。
腕組みをしながらぴんと背筋を伸ばして正座するたたずまい。
面白がって見ていたのにいつの間にか応援している自分がここに。

今日のスタパのゲストは「新選組!」副長役の山南さん(堺雅人さん)。
お待ちしておりましたよ。物腰が柔らかいですね~。
あぁ~頭の中がうまく整理できない・・。
おまけに出かけなきゃ。少し時間を置いて感想書こう。

**********************************
録画二回見直してきました。

いつもと何やら様子の違うスタジオパーク入り口。
ゲストを迎える年齢層が若いです!今にも倒れそうなファンの黄色い声援の中、
控え目に手を振り返しひょこひょこお辞儀をしながらスタジオ入りした山南さん。
ソフトパーマにネイビーの半袖ジャケット、ゆるく同じ色の細いネクタイをしています。     足元はトングタイプのサンダル。今日も華奢でなで肩ですね~。

◇山南敬助を演じることについて
話をいただいた時に演じていた壬生義士伝の沖田とのギャップにしばらく悩んでいたが
三谷さんの脚本を読んで沖田も近藤も土方も普通の青年だったので普通の僕で大丈夫なのかなと思った。ぎらぎらした試衛館の中、鬱屈した30前後の男の沸々したものを作りたい。仙台脱藩浪士なので(役作りのために)一時は仙台に住んでみようかと思ったが、故郷を捨てて江戸に出て来たという所に重点を置こうと考えた。ニコニコしているが案外思い切りのいい人だったのでは?

◇これからの山南は?
芹沢暗殺の際は実行犯の一人。芹沢役の佐藤浩市さんは(存在感の)大きな方。時々ぎらっとした目をされると背筋が伸びる。大人の汚かったり弱かったりする部分を目を通して演じている。芹沢とかぶっていて何とかしたいけれど強すぎてなかなか手に負えない人。最後の立ち回りは格好いい。

◇池田屋事件のときは?
屯所でお留守番。モニター見てて大変だなぁと思った。

◇新見の切腹
最後に呪いをかけられたが、フラッシュバックでこれからも何度かそのシーンが流れる。人がひとり亡くなるわけだから何かを残さずにはいられない。そのことを大事にしたい。

◇山南の切腹について
おととい切腹のシーンを撮影した。
三谷さん流に言えば、結束を固めるために仕様がない出来事。
池田屋事件のあと、隊内に亀裂が入ったのが切腹によってぴたっと収まった。
だから山南の死は無駄じゃなかった。
切腹のシーンはちゃんと死なせていただいてうれしかった。
土方役の山本さんが愛情込めて「山南さんを死なせないっていう台本はないんですか?」と聞いたそう。ええ話や~(泣)
(このシーンはツライから、山本さん自身も覚悟を決めなければと以前話してましたね)

◇本当はダメ男!
実は頭の回転が遅く、知識はあるけど計算がダメな山南と似ていて、生活能力がない。
小3の通分で算数につまずく。劇団に入ってトラックに荷物の積み込みの指示出しをすると半分しか入らなかったり、大道具を作れば階段がくタッと倒れたり・・・。そこにじっとしていて下さいと言われてしまったらしい。金銭感覚もない。アルバイトも色々したが時給で働くのがなじまなくて首に・・・。(トホホですね)
劇団に入るまで逆上がりもできないし25mも泳げなかった。ブリッヂで走らされて腰を痛め足を疲労骨折した。(ダメ男すぎて素敵かも!?守ってあげたい・・)

◇腕組みはクセ?
はい。腕組み&正座は初期から役作りで決めていた。でも正座が苦手で今、後悔している。

◇山南走りをぜひ!(大拍手!)
山南走りというネーミングが役者としてうれしい。(腿に両手を置き、手と足を同時に出して走る)他の隊士は気にせず普通に走っているのが今の新選組!の良さ。

◇女性になってお付き合いしたい隊士は?
山南は絶対無い。やはり近藤さんかな。楽しそうなのは左之助。
大事にしてくれそうなのは藤堂平助。斎藤もいい。(結構気が多いナ!)
山南が芸者相手に時勢を語って女性が引く(場面としては好きだが)気持ちがよくわかる。

恋人明里役の鈴木砂羽さんよりFAX。「いよっ微笑み貴公子!最後のシーンはスタッフ共々裏で泣いてましたよ。」(私も泣く準備OKです) 

うわぁ~、山南さん(堺さん)癒し系ですね。あのアヤシイ微笑みはそういうお顔つきでもあるんですね。とがったところが全然なくて、山南さんと堺さんって相通ずるところがあります。こういう人が近くにいたら和めそうです。ドキドキ感はないけれど、なんだか気が付いたら心の一部に住みついているような・・(わかりにくい)役者としてすごいものを持っているがヘタレなところがいいですね!ダメ男万歳!!

最後にこれっあり?お昼間からうれしくて椅子からずり落ちそうになりました(汗)
「香取くんと山本くんの愛情がすごい。精神的なつながりを感じる。山本くんは香取くんを愛してるんだなぁと感じる。山本くんの愛する力はただ事じゃない」
って近藤と土方じゃなくてご本人同士ですか?
僕には2割か3割の愛情で充分です。ってやっぱり愛がほしいのか、君も・・・。(私も)

山南さんは8月の下旬までのご出演だそうです。愛情のオスソワケがもらえたらいいですね。これから2ヶ月ひとつの動きも見逃さないようにします!!

6月30日のスタパは新選組編
7月10日は腹黒副長土方歳三役山本耕史さんご出演です!(むふっ♪)
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-24 14:16 | シンセングミ
ウインブルドン2004
台風一過の昨日はとっても暑かった~(++;
インドアでのテニスレッスンはかなりバテバテ・・・。
男の人が多かったからだと思うけど、
コーチったら「じゃぁスマッシュ5本連続で~♪」
なんてうれしげに言うし。
それも前後に移動して打ったらもうヘロヘロ。
帰ってからずーっと頭痛はするし、
腿はパンパンだし・・もう若くはありません。

そう言えば、ウインブルドン今週から始まりましたね。
まだ一回戦だからなんとも言えないけれど、
第6シード貴公子フェレイロ(スペイン)がんばってほしいなぁ。
この方、爽やか王子様なのにポーカーフェイスがいいんですよ。
強力両手打ちバックハンドも素敵です。
あと、最近注目は第3シードのコリア(アルゼンチン)
フットワークもいいし、小技も使えます。
この二人はクレーが得意だから芝はどうかな?
それから第5シード地元ヘンマンもがんばれ~!
優勝カップを英国へ!
彼は正統派の美しいテニスをしますね。
かつてのチャンピオン、イヴァニセビッチが
1回戦勝ちあがっていてうれしくなりました。

女子は杉山愛ちゃん。第11シードです。
愛ちゃんは特にダブルス期待できますね。
誰と組むんだろう?
ベルギー勢が出てないようなんだけど、どうしたのかな?
なら第4シードのモレスモ(フランス)を応援しよう!
彼女はシングルバックハンドが力強くてカッコイイですよ。
ヴィーナス姉妹と彼女は男子シングルでもいけるんじゃないかと・・・。
あれっM・ナブラチロワってあのナブラチロワ?だとしたら大注目でしょう!!
1回戦6-0,6-1ですよ。どんな肉体してるんだ?
いくつですか、あの方は・・40歳代だったはず。
すごいなぁ、尊敬に値します。

いつかは生で観戦したいんですよね。
一年に一度だけ使われる青々とした芝生のコート・・
コートじゃなくて、そこでプレーする選手。
あと雨が降ったときに係りの人がビニールシートをあっという間に覆うのとか。
あれ手際がいいんですよ、昔のドリフの場面チェンジみたいに・・(?!)

行きたいけどとりあえずはテレビで応援しよう!
またしばらく夜更かし続きそうです・・。

ウインブルドンオンライン
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-23 15:34 | tennis
アイスバーグ
a0024554_14193.jpg忘れた頃に咲いた一輪のバラ
アイスバーグ(氷山)という
品種です。
透けるような白が
品があって大好きです。
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-22 14:20 | gardening
「新選組!」第24回 避けては通れぬ道
芹沢を追いやることを試衛館の仲間に打ち明けた副長s。
「浪士組を守るためには芹沢を斬るのも止むを得ない」バラガキ腹黒副長。
「浪士組から離れてもらうよう説得します」実はブラック腕組み副長。
斬っちゃえばいい左之助、
深入りはしないが決まったことには従う一匹ワンコ斎藤、
できれば穏便に済ませたい永倉、
沖田がどっちにつくのか気になる平助。
いたたまれなくなって席をはずす勇。
人は二つに分けられます。人の上に立つ者とそうでない者。
人の上に立ってはいけない人が人の上に立つのは実に不幸なことです。
しかし、もっと不幸なのは人の上に立たねばならぬお人が人の上にいないということ

源さ~ん、さすがお目付け役だけあって控え目ではあるが的確なお言葉。

「さっきのは方便です。ああでもしないと永倉さんが納得しない」
「俺はな、山南さ・・」「斬るべきです!」
おぉっ土方の言葉を遮った。今までになく顔が真剣だよ。かなりコワイ。
この方も腹をくくったようですぞ。

そしてついに法度を芹沢ら幹部に発表

つづきを読む
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-21 01:18 | 「組!」感想