カテゴリ:tennis( 6 )
祝!ヒンギス復活!!
めちゃくちゃお久しぶりなテニスの話題。

復帰のヒンギス、強豪シャラポワを圧倒 決勝進出(CNN)
ヒンギス、シャラポワをストレートで破る 東レPPO - スポーツ(朝日新聞)
女子テニスの東レ・パンパシフィックオープン第5日は4日、東京体育館でシングルス準決勝があった。今年1月に3年ぶりに現役復帰した世界ランク117位のマルチナ・ヒンギス(スイス)が、連覇を狙った第1シードのマリア・シャラポワ(ロシア)をストレートで下した。

テニス界および多方面で一番注目されているのは
間違いなくシャラポアですから
この元女王ヒンギスとの対決は
ファンにとっては願ったりかなったりなカード。

足の怪我でトーナメントから遠ざかって
もうヒンギスはこのまま引退しちゃうのかと思っていました。
数年のブランクがあったのに
スイスの天才少女はまだ25歳だった(驚)

いやぁ~、やっぱり巧い!シビレました~。
絶妙のピンポイント逆クロスは彼女しか打てないですね。
その上、球種に緩急おりまぜて
完全にシャラポアを翻弄していました。
何度もTVの前で拍手しちゃいましたよ。
こっちは手に汗握ってハラハラしてるのに
いい感じで肩の力が抜けて
単純にテニスを楽しんでいるかのように
ケロッとオンラインに決めて
おすまし顔なヒンギス(笑)
アナタはやっぱり天才だわ。
久しぶりに熱くなったいい試合でした。

今や女子テニスもパワー全盛な時代だけれど
読みや技術のテニスの方が観る側は面白いです。
今日、生でこの試合を見た人はラッキーでしたね。
ちょうどシャラポアが台頭して来た頃に
ヒンギスはトーナメントから離れてしまって
初対戦が東京で実現したわけですから。

シャラポアがあんなに苦しんでいる姿は初めてでした。
でも本当の女王になるためには
ヒンギスを倒さなければなりませんね。
まだまだ若いシャラポアですから
これからもぐんぐん成長してくれることでしょう。
次回の対戦が非常に楽しみです。

明日の決勝はVSデメンチェワ(ロシア)。
5度目の優勝がかかっていますが
やってくれそうな気がします。
(東レPPO決勝14:30~ TBS系)
[PR]
by Alice_Wendy | 2006-02-04 21:57 | tennis
負けて得るもの
今日も暑いのにテニスをしてきました。
わざわざこんな日に行かなくてもと思うのですが
気持ちだけはウインブルドンなもので・・(汗)

やはり今日も話題はウィンブルドン女子決勝のことでした。
シャラポア勝ちましたね、強かったねという意見の中、
でもセリーナも負けたけどちゃんとシャラポアを褒めてて
意外と彼女、可愛かったねという声が多かったのです。
確かに強いセリーナが負けることを予想していた人は少なく、
若いシャラポアをみな応援してたと思うんです。
私だって思いっ切り応援しました。
が、ふたを開ければストレート勝ち。いい試合でした。

シャラポアが勝ったことはもちろんうれしかったのですが
セリーナのことも心に残ってたのです。
はじけるような笑顔いっぱいで喜ぶシャラポアを
椅子に座って眺めるセリーナは
あの鬼のように強いセリーナではなく
悔しがる素振りもなく可愛い乙女のようだったのです。
全力で戦った結果負けたからなのか、
そうでもしないといられなかったのか・・・。

勝って当たり前のように思われている彼女が
負けてどう感じ、何を考えたのか。
それは彼女しか分からないことだけど、
この次どんなプレーをするのか気になったのは事実です。

きっとまた、恐ろしいほど強いセリーナが
戻ってくるのでしょうけど、
今までとは違う気持ちで応援したくなりました。
プロだから、勝ってナンボの世界ですが
負けて得るものもあるなと感じました。

勝つために一生懸命になることは大切。
その結果負けてもそれはただの負けじゃない。
負けて何か得たもの・・
次に活かすことができればそれで良いと思うのです。
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-07-06 14:27 | tennis
勝っちゃった・・シャラポア!
ウインブルドン女子シングルス決勝
 
 マリア・シャラポア(ロシア)
    6-1,6-4
 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
関連記事

マッチポイントが決まった瞬間、その場に座り込み
顔を手で覆った17歳2ヶ月マリア・シャラポア。
キラキラ光るブロンド、愛らしい顔立ちにしなやかに長い手足。
笑顔を取り戻すと客席に向かってボールを放り込む。
そして一目散に客席の中へ・・
両手を広げて待ち構えるパパ兼コーチ。
むしろパパの方が興奮気味で祝福のキスの雨アラレ。

コートへ戻るとパパに何か要求。
客席から飛んできたのは携帯電話。
はははっ、やっぱり今時の17歳の女の子。

10代での優勝はヒンギス以来のことだという。
セリーナの3連覇を阻止しロシアに女子初の優勝カップをもたらした。
これほど左右に振り回されてるセリーナを観たのもはじめてかもしれない。
いいね~、バックハンド。フォアもいい。
集中力切れずにかなり強気に攻めてたね。
時々ロブあげたりボディ狙ったりして冷静にコートをよく観てる。
私、気がついたらスーパーショットに思いっきり拍手してた。
会場の観客と一緒になって一喜一憂。
勝っちゃった!その瞬間、鳥肌が立った。

また新しい歴史が始まる予感・・・。

(愛ちゃん、ダブルス決勝進出!がんばれ~~♪)
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-07-04 00:33 | tennis
複雑な思い
ウインブルドンでは選手の熱いプレーと同じくらい
雨が降ったら芝のコートにカバーをかける様子がお気に入りな私。
雨の多い国でありながら伝統を重んじて最新の技術も使わず、
せぇーのっ(と言ってるかどうかは知らないが)
で一斉にコートにカバーをかける。
そんな英国気質が好きだった。

なのに見つけてしまった。
ウインブルドン日記
聞いてないよ・・・。
センターコートに開閉式の屋根をつけるらしい・・・。
大会運営の苦労や選手のことを考えれば喜ばしいことだが、私は複雑な思い。

絶対有り得ないと思ってたのに・・・。

気を取り直して。
愛ちゃんもヘンマンも負けちゃいましたね。
ヘンマンの相手はクロアチアの20歳のアンチッチという選手だそうで
イヴァニセビッチが引退した分、活躍してほしいです。
愛ちゃんの相手も17歳のジュニアあがりの子でしたね。
新世代が伸びてきていることはうれしいです。

とうとう応援してるのはモレスモだけに。
vsセリーナ・ウィリアムズです。
パワフルテニスが炸裂しそうです!!
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-07-01 01:18 | tennis
イヴァニセビッチ最後の試合
ウインブルドン3回戦
イヴァニセビッチ(クロアチア)VSヒューイット(オーストラリア)
2-6,3-6,4-6

3回戦ながら、2001年と2002年のチャンピオン対決という好カード。
今年で最後のウインブルドンになると宣言し、1万3千人のギャラリーに見守られ
センターコートでプレーできることを心から楽しんでいたイヴァニセビッチ。
時には観客と会話し笑いを誘い、アウトボールをヘディングで返し場を和ませる。
相手のナイスショットにも惜しげもなく拍手を送る。

長身でサウスポーのビッグサーバー。
強力なショットを持っているがキレやすいのが玉にキズだった。
3度決勝戦で破れ、ようやく10回目の挑戦で優勝カップをつかんだが
故障に泣かされた。
ラストチャレンジはスコア的にはあっさり負けたが、
彼は今まで見た中で一番幸せそうにテニスをしていた。

ほとんどの観客を敵に回しながら、終始冷静にプレーし続けた
ヒューイットも最後の握手は笑顔でそして敬意を払って
少し長めに何か伝えていた。

祖国のためにオリンピックでは誰よりも熱く戦った彼は
クロアチアのサッカー代表のユニフォームに着替えてコートを去っていった。

またひとりウインブルドンの歴史に名を残しました。
感動をありがとう・・・。
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-27 12:33 | tennis
ウインブルドン2004
台風一過の昨日はとっても暑かった~(++;
インドアでのテニスレッスンはかなりバテバテ・・・。
男の人が多かったからだと思うけど、
コーチったら「じゃぁスマッシュ5本連続で~♪」
なんてうれしげに言うし。
それも前後に移動して打ったらもうヘロヘロ。
帰ってからずーっと頭痛はするし、
腿はパンパンだし・・もう若くはありません。

そう言えば、ウインブルドン今週から始まりましたね。
まだ一回戦だからなんとも言えないけれど、
第6シード貴公子フェレイロ(スペイン)がんばってほしいなぁ。
この方、爽やか王子様なのにポーカーフェイスがいいんですよ。
強力両手打ちバックハンドも素敵です。
あと、最近注目は第3シードのコリア(アルゼンチン)
フットワークもいいし、小技も使えます。
この二人はクレーが得意だから芝はどうかな?
それから第5シード地元ヘンマンもがんばれ~!
優勝カップを英国へ!
彼は正統派の美しいテニスをしますね。
かつてのチャンピオン、イヴァニセビッチが
1回戦勝ちあがっていてうれしくなりました。

女子は杉山愛ちゃん。第11シードです。
愛ちゃんは特にダブルス期待できますね。
誰と組むんだろう?
ベルギー勢が出てないようなんだけど、どうしたのかな?
なら第4シードのモレスモ(フランス)を応援しよう!
彼女はシングルバックハンドが力強くてカッコイイですよ。
ヴィーナス姉妹と彼女は男子シングルでもいけるんじゃないかと・・・。
あれっM・ナブラチロワってあのナブラチロワ?だとしたら大注目でしょう!!
1回戦6-0,6-1ですよ。どんな肉体してるんだ?
いくつですか、あの方は・・40歳代だったはず。
すごいなぁ、尊敬に値します。

いつかは生で観戦したいんですよね。
一年に一度だけ使われる青々とした芝生のコート・・
コートじゃなくて、そこでプレーする選手。
あと雨が降ったときに係りの人がビニールシートをあっという間に覆うのとか。
あれ手際がいいんですよ、昔のドリフの場面チェンジみたいに・・(?!)

行きたいけどとりあえずはテレビで応援しよう!
またしばらく夜更かし続きそうです・・。

ウインブルドンオンライン
[PR]
by Alice_Wendy | 2004-06-23 15:34 | tennis