「!!」DVD&サントラ
今回は無事発売日に届きましたー。

まずは取り急ぎメイキングから。
スタッフの熱い思い入れが手に取るようです。
懐かしい試衛館の撮影風景なんて
和やかでみんながいい顔で笑っていて
涙が出ちゃいそうだった。
出演者のあいさつではそれぞれが
”らしい”「よろしくお願いします」なんだよね。
あっという間に撮影終了だったけど
素晴らしい再会シーンを用意してくれてありがとう。
永井様に局長への思いを語るシーンでは
ぎりぎりのところでこらえていたんですね。
洋装の副長が待ち時間にピアノを弾いてる姿は
初めて見たのに初めてじゃないような気がしました。
どこかで見たっけ??

京都トークショーは行けなかったので
特典で見れて嬉しかったー!
あの京都駅の大階段に
人がぎゅうぎゅうづめに座っているのって
やっぱり迫力があります。
山崎を発見したときの耕史くんの表情は
何度見てもオモシロイ。
吉弥さんは一体どんな様子で
今か今かと出番を待ち続けてたんでしょうね(笑)
そんな吉弥さんは昨日はなんと局長になっていたようで・・・。
なんだかタイムリーだよなぁ。

それから番宣スポット。
総集編の間で放送された1分バージョンを
もう一度見ることができてヤッター!!
土方さんの写真のアップとともに
榎本と大鳥の本番に入っていないセリフが
すごくイイです。


で、サントラ。
今回両方まとめて頼んだんですが
まずは新しい方から車の中で聴きました。
いきなりヤバいっすよ!
視界がにじんで前がよく見えなくなった;;
「コルク~青春の証」がねぇ、たまらない。
先週は時間があれば大河の最初の方を
ちょこちょこ見てたんですよ。
そのとき特に印象に残ったのが
この曲だったから涙腺直撃でしたね。
「近藤家」「メザシ」もいい!
メザシがそのうちふたりで1匹ですから!とか
お金がなくて困っているのに
なぜかほのぼの幸せだった試衛館でのとある一日が懐かしい。
さらに「八木家」「和解」「武士道」で感動に浸っていたら
「無念」「山南切腹」「死の香り」あたりでブルーになって
「未来への扉」「希望のワルツ」ですっかり切なくなって
局長が処刑される日の曲が来て我慢できなくなったところで
最後はライライでトドメ(泣)もう無理。
色々なシーンがグルグルめぐっちゃってグダグダ;;
これって総集編以上に大河+続編の凝縮バージョンだね。
すごい一枚だと思う。
どの曲も聴いた瞬間、そのときの映像や気持ちまで
よみがえってくるからホント不思議。

「!」サントラ。
今さらかなとも思ったけどやっぱりヨカッタ~!
「誠の友情」はふたりのコルクが目に浮かんできて泣けてくる。
黒船を見に行ったときの若いふたりや流山でのふたり。
会津のお墓の前で容保公と斉藤と副長のシーン。うぅーっ;;
「威風凱旋」は駆け上がっていく高揚感があって
やる気が湧いてくる大好きな曲です。
「誠の愛」は鼻の奥がつーんとしてくるような
なんとも言えない気持ちになる。
あぁ~どれもこれも思い出がぎっしりつまっていて、いとおしい。
って一曲ずつ語っていたらキリがないね(笑)

どっちかと言えば最初の方を車の中で聴いたら良かったかも。
2集はヘッドフォンをつけてひっそりしみじみ感動を味わうのがぴったりです。
運転中は不意に前が見えなくなって危険ですから^^;
[PR]
by Alice_Wendy | 2006-04-22 17:20 | シンセングミ
<< 土スタ&マチベン コメンタリーキャスト >>