ヒゲワイン(笑)
ようやくほぼ日
「!!」の感想が出ましたね。
なかなか更新されないから忘れてしまうところだった・・・。

やはりほぼ日的には年表の中に乳製品の歴史を
入れたことが大当たりだったことでしょうね。
偶然とはいえ、お見事でした。

それから「ヒゲワイン」(笑)
すごい、ぴったりだ・・・

それはさて置き、糸井さんの視点になるほどって思いました。
つまりね、視聴者に向かって、
「あなたたち、ようするに、土方歳三の
 死ぬところを観にきたんでしょう?」
ということなんですよ。
死に場所を探して北まで戦い続けたとは思いませんが
史実としても最期の日だし、
タイトルからも土方さんの最期を見届けようという気持ちがあって
半分腹をくくって、ドラマに臨んでいたんですよね。

土方歳三が死ぬ話なんだな、
泣かせてもらうよ、とみんなが思ってるなかで、
それだけを期待されてる三谷さんがね、
「これは、土方歳三が死ぬドラマじゃなくて、
 土方歳三が生きようとするドラマなんだ」
と言ってるわけですよ。
ホントにね、なるほどぉ(by西本さん)ですよ。
三谷さんにも糸井さんにも。

生きようとしたのにあっけなく撃たれてしまった。
史実はいかんせん変わらないんですよね。
「!!」では未来へつながるようなラストシーンに
何かを「託された」気がして今もあれこれ考えています。
百数十年以上経っても思いを馳せる人がいるというのも事実。
濃密な一年間と89分のドラマに再び感謝の気持ちです。

美術部さんのイラストもヨカッタ~~!!
巷じゃスリー・ロマンチーズどころか
メニー・ロマンチーズになっていますね(笑)
もちろん私もそのひとりです^^ゞ
[PR]
by Alice_Wendy | 2006-01-19 13:30 | シンセングミ
<< !!DVD発売 容保公の書状 >>