容保公の書状
容保公が家臣にあてた書状が63年ぶりに見つかったそうです。

幕末会津藩主の手紙公開 戊辰戦争当を知る一級資料(サンケイ)
「領内も私も困窮し苦心千万だが、朝廷から厚いご信頼をいただき、幕府からも命令を受け、辞退するのは道理に合わない。徳川家長久の道を探った場合、藩として死力を尽くすほかはない」
と藩に説明したという。

「士道きわめ、文武に励め」=幕末、会津藩主が家臣に書状-知事が発見・福島(時事通信)
容保の現存する書状は極めて珍しい。容保自身の言葉で世の中の動きが語られ、幕末期の史料として一級品


なんでしょうね、このタイミング。
幕末会津藩主という言葉にアンテナがひっかかりました。
貴重な書状がよくぞ発見されました。
1864年2月18日付けだということですから池田屋の年ですか。
このあと時代の波に巻き込まれてしまったんですよね。
あぁ、やはり会津に行かないと・・・。
[PR]
by Alice_Wendy | 2006-01-18 23:46 | シンセングミ
<< ヒゲワイン(笑) 超エリート弁護士! >>