新選組!! 土方歳三最期の一日
あぁ~とうとう終わっちゃった。
条件反射でBGMを聞いただけで
鼻の奥がつーんとしてくるんですよ。

やっぱりダメだ~~(泣)
何度観ても涙が出る。
悲しいというかなんというか・・・。
涙ボロボロというより鼻の奥がじーんと痛くなって
つつつーっと涙が零れ落ちるという感じ。
さすがに今回は顔がはれ上がるほどではないけれど
じわじわと効いてきます。
久しぶりの総集編も泣けました。
続けて一気に放送してくれて
様々な場面が要所要所で頭をよぎるから
余計にグッと来るものがありました。

最後のセリフは「かっちゃん」でしたね。
やはりと言えばやはりかな。
これでやっと会えるという思いが
副長の頭によぎったのかな、
うっすらほほ笑んでましたね。
悲しいというより、もう充分よくがんばった!
という気持ちが強いですね。
強いて言えば最期のシーン(の撃たれるまで)を
もう少していねいに描いてほしかったかな。
でも描きこまないことで
あっけなく撃たれてしまった悲しさを
倍増させているのかもしれないですね。

1回目はどうしても副長目線でしたし
懐かしい人やものに意識が向いていたのですが
視点を変えて観ると榎本さんも大鳥さんも
89分という短い時間の中で
ぐいぐい引き込んでいく素晴らしい演技でした。
今回新しく挿入された悲しい調べの3拍子が
ぐるぐる今でも頭の中をまわっています。

細かいところもたくさん言いたいことがあるのですが
まずは出演者、スタッフの皆さんに
心よりお疲れさまと言いたいですね。
この大河に出会えたこと、続編を作ってくれたことに
感謝・感謝・感謝です!!

「!!」サイトでは耕史くん直筆メッセージが!
それと感想・リクエストを募っていますね。
お礼とDVDのお願いをして来ようかな。
なにかこの今の気持ちを伝えられるといいけど
なかなかうまくまとまらないですね。
[PR]
by Alice_Wendy | 2006-01-03 23:30 | シンセングミ
<< 意味のない人はいない その日が >>