よーするに・・・ありがとー♪
「LOVE ASIA」ヒマラヤに輝く笑顔遺産 
先に言っておきます。良かったです。
まずは旅人山本さん目線で。(今回はこう呼ばせていただきます)

タラップを降りるお姿は俳優「山本耕史」でした。
サングラスをきゅっとあげて「待たせたな!」とは言ってないか(^^ゞ
ブータンへ到着早々ギャルウォッチング!
のっけから期待を裏切りませんね。

おぉっいきなりギター演奏ですか。
うわぁ!クラプトンの「Tears in Heaven」
さらっとやってくれましたよ。ウマイッ!(BY歳三@鳥小屋の前)
ありがと~~っ!大好きなんですよね、クラプトン。
(クラプトンのカバーCD出してほしいな!)

山本さんの英会話を初めて聞きましたけど
ちょっとした日常会話なら全然OKですね!
(よいこのみんな、「全然は」・・以下省略)
その民族衣装のお店の布がーーー!どれも素敵(布大好きっ子)
で、抱きつかれてるってあなた、着せてもらってるだけですから!

アーチェリーやホルンみたいなのにもチャレンジしてましたね。
短時間でなんとなく様になっちゃうところがすごいです。

首都のティンプーでもいきなり何を言うかと思えば
「美人」・・ですか。
お約束ともいえるコメントをありがとうございます!

ガサ村への途中では自作の歌を披露。
焚き火の炎に照らし出された瞬間、「芹沢鴨、爆発」の回を
思い浮かべてしまったのは私だけでしょうか?(いや違う;;/反語)
ちょっと初めはなんて言ってるのかよく聞き取れなかったけど
「要するに~♪」って歌ってたんですね。
今日のお題にもしましたが。
(後でもう一回歌詞を聞きなおさねば!)

熊が襲ってきたらナイフとフォークで闘うねって
いたずらっぽく言ったそばから小さな野良犬にビビってましたが。
あっはっは~~!ここは軽く笑い飛ばしておきましょう!

なかなか目的地に着かないところが旅の良いところ!
さすがに日々筋トレをしている山本さんでもバテてましたね。
村にたどり着いた途端に地面に仰向けになったのが
歩いてきた道のりのすごさを物語っていました。
編集すれば数分のことだけど実際歩いたらキツイと思いますよ。
空気が薄い高地を8時間。
で、次の日さらに急な山道をシンドイ思いをして
ようやくたどり着いた視線の先には雄大なヒマラヤ山脈。
この美しさはきっと忘れないでしょうね。
疲れた体を癒してくれた温泉。
いい湯だな~♪って次々歌が出てくるねー。
(これが初めて覚えた日本の歌だったら・・・。まぁいいか。)
やっぱモノより思い出だよ!

芸は身を助けるっていいますけど
歌にしろ、ギターにしろ、手品にしろ、
言葉の通じないところでもまったく関係なく
コミュニケーションがとれてしまうんですよね。

村の子たちにモテモテな山本さん。
子供たちの笑顔も輝いてましたけど
負けないくらい山本さんもきらきら輝いていましたね。
去年一年間、突っ走ってきただけに
仕事ではあったけれど
貴重な時間を過ごされたんじゃないでしょうか。
標高があがるごとに
普通の28歳の山本耕史さんがそこにはいました。

日本から遠く離れて、淡々と新しい一年を迎え、
大好きな酒もあまり飲まず(笑)
ゆっくりと流れる時間の中で
色々と(と、含みを残してみる^^;)考えたことでしょう。
ブータンの良さはもちろん、
離れて初めてわかる日本への思い、
身近な人たちのありがたさ。
ブータンの旅という経験が
山本耕史をこれからどう熟成させていくか
注目していきたいです。

しかしこの方、どこでも誰とでも仲良くなれるんですね。
人を愛する天才(BY堺雅人)とはこういうことなのかな・・と
納得してしまいました。
何度も言いますが良かったです。
もっとガサ村での様子を流してくれても良かったくらい。
最後の〆でテロップが流れたのが残念といえば残念です。

ヤバイ。山本さんの歌が頭から離れない~~!
私からも歌わせて!「よーするに・・・ありがとー♪」

あぁ、私もどこか異国へふらりと旅にでたい・・・
次回はブータン目線で。

+++++付けたし!
こんな記事 を見つけたので貼っておきます。
たかがテレビじゃないか!(ゲンダイネット) 
ドキュメンタリー「青いツバメ」VS「ヒマラヤに輝く笑顔遺産」より
旅人山本さんに関するところだけ抜粋
それに比べれば「ヒマラヤに輝く笑顔遺産」は気楽に見られる。俳優の山本耕史がブータンを旅するだけなのだ。重厚なテーマも使命もない。ところが、街から歩いて2日もかかる山奥の村に入ったとたん、山本が俄然良くなる。いや、現地の子どもたちがあまりに素朴で、どこか懐かしく、山本も“いい人”にならざるを得なかったのだ。この番組の作り手はヘンに山本をいじらず、視聴者に感動を押し付けることもせず、地に足の着いた暮らしの厳しさと豊かさを見せてくれた。

[PR]
by Alice_Wendy | 2005-02-27 20:36 | シンセングミ
<< ブータンの青い空は この子が愛おしい >>