ぐうたらしてる間に
正月三が日も過ぎていっちゃいました。

さっきスポーツえらい人大賞とかいう番組で
Jリーグアウォーズの岡田監督が出てきたところで
ちらっとプレゼンターの耕史くんが映りましたね。
思わぬところで見れてちょっとうれしかったりして♪

お正月番組は惰性でつけっぱなして
だらだらと見てしまうんですが
良かったなと思ったのがひとつ。
BShiとBS2で放送された
ヨーロッパの鬼才 京都に花を生ける- ダニエル・オスト in 仁和寺 -

一言で言えば今、注目されている(らしい)
ベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏が
世界遺産である仁和寺の美しい庭や室内に
創造的な花を生けるまでのドキュメンタリー。

全く名前も知らなかったので先入観なしに見ることができて
素直に感動しました。
仕上がった作品の素晴らしさを表現する言葉を
私は持ち合わせていないので
また再放送されたら見て感じていただくとして
このビッグプロジェクトを前にして
彼は大きな山がそびえ立つようだと表現し
精力的に取り組んで来場した多くの人を感動させた最後には
「過ぎたことは振り返らない。未来が微笑んでいますから。
また谷へ降りていくことにします。そしてまた登るんです。」
というような言葉でしめくくったんですよね。
モノを創る人は発する言葉さえも詩人のようだと思いましたね。

未来は微笑んでいる・・・
そんなことは今まで考えもしなかったけれど
何かに一生懸命打ち込めば
結果として未来は微笑んで待っていてくれるのかもしれない。
年頭にそんなことを感じました。
いつかまた日本で作品を創ることがあれば見に行きたいです。

はーっ明日からはいつもの生活が始まるんだね。
しまっていくぜぃ。おーっ!
未来が微笑んでいるからね。
[PR]
by Alice_Wendy | 2005-01-03 20:56 | ツブヤキ
<< また、ぬかった(凹) 初ぬかり(凹) >>